【ご予約】ビカクシダ モンキーノース 'ハイシールド' 選抜個体
【ご予約】ビカクシダ モンキーノース 'ハイシールド' 選抜個体 その他
【ご予約】ビカクシダ モンキーノース 'ハイシールド' 選抜個体 その他
422031313-2604-vBV
48,620円 57,200円

商品説明

Platycerium willinckii Monkey North “High Shield”

※最後の写真は親株です。

〜〜
.
タイのチェンマイにナーセリーをもつ
ferns banna platycerium の Moさんが
およそ1年前に完成させた綺麗なウィリンキーです。
.
4年程前にモンキーノースを作り
沢山のビカクシダ愛好家の方々から愛されてきました。
モンキーノース”ハイシールド”は
その名前の通り高くそびえ立つ 貯水葉が特徴です。
.
このハイシールドは
まだ日本にほとんど入ってきていません。
この品種の生みの親のMoさんから直接譲り受けた株は
特に日本では少ないと思います。
(ご本人談)
.
オーナーのMoさんは
最初は趣味でビカクシダを育てはじめ、
その後コレクションが増えてくると
彼の素晴らしいビカクシダを分けて欲しいという
友人が出始め、譲ってあげていると
いつの間にか半分仕事になってしまったとの事です!笑
.
大学でのお仕事が本業で
今でも基本ビカクシダは趣味だそうです。
語り口も柔らかく人柄が
その笑顔に溢れている素敵な方でした!

〜〜

発送方法は らくらく便で
手配致します。

↓ご購入前に下記内容とプロフィール欄をご確認下さい。

○ 植物のクオリティは
写真にて必ず確認して下さい。
後のクレームは受け付けません。

〇植物ですので変化があります。
撮影時から到着までの変化など、ご理解願います。

〇名前は購入時に付いていたものです。
しっかりと写真で見極めてからご購入下さい。
お願いいたします。

〇輸送中のトラブルは責任を負いかねますので
ご了承の上、ご購入下さい。

○基本的には
ご購入後の当日または翌日に発送手配を致します。

#コウモリラン
#ビカクシダ
#ワークショップ
#植物
#観葉植物
#ビカクバイヤー

機械設計平和 PGM 株主優待券

【ご予約】ビカクシダ モンキーノース 'ハイシールド' 選抜個体 その他

機械や部品を設計する際には、部品の強度を考えなければいけません。強度というと何となく「強さ」というイメージですが、設計においては明確な定義があります。今回は設計における「強度」について解説します。

【ご予約】ビカクシダ モンキーノース 'ハイシールド' 選抜個体 その他

強度とは機械や部品にかかる力に対し、どれくらいまで耐えられるかを示すものです。
任天堂スイッチライト グレー 本体 初期化済み

機械や部品のパーツにかかる力は、次の3つに分かれています。

  • 引っ張り力
  • supreme 16AW パーカー
  • 4°C ネックレス ピンクゴールド 18k

引張り力はエレベーターを吊り下げるワイヤーや、プレス機でテープルとパンチをつないでいる軸などにかかります。

圧縮力は歯車の歯の表面や、構造物の柱にかかる力です。

引張り力と圧縮力はイメージしやすいですが、せん断力は言葉からイメージがわかないかもしれません。

せん断とは、反対方向にすれ違うようにかかる力です。たとえばテーブルの端から突き出すように置いた定規の、突き出している部分を下に押し下げようとした場合、定規はテーブルからは押し上げる力を、テーブルの外からは押し下げる力を受けることになります。このようなケースがせん断です。2つのパーツをつなげるボルトや、構造物の梁(はり)などにかかる力です。

機械や部品を設計する際には、各部位にどの力がかかっているかを考え、それぞれに対して耐えられる形状にしなければいけません。設計された機械や部品を試作や量産する前に行われるデザインレビューでも、各部にかかる力の種類と大きさ、安全率などは重点的な話題になります。

【ご予約】ビカクシダ モンキーノース 'ハイシールド' 選抜個体 その他

強度を考える上で重要なのが「応力」です。強度の計算をする際には、外部からかかる力から、各部の応力を求めます。

応力とは部材の内部、1㎟あたりにかかる力です。例えば構造物の柱が荷重に耐えられなかった場合、柱を太くすれば壊れなくなるケースは想像しやすいと思います。これは柱の断面積が増えたことで1㎟あたりにかかる力が減少するためです。

したがって機械や部品を設計する際には、各部の応力が、それぞれの材料の許容応力(耐えることができる応力)以下になるように形状や寸法を決定します。

POKEMON fragment

一方で陶器などは力をかけても、ほとんど変形しません。しかしワイヤーロープなどに比べると比較的弱く、壊れやすい素材です。つまり剛性は高いですが、強度はあまり高くない素材です。

安全率とは

機械や部品を設計する際「ちょうどギリギリで耐えられる」設計は、危険です。たとえば使用中に横から押されるなど、想定外のちょっとした要因で壊れてしまうからです。そこで安全率を考えます。

安全率とは、許容できる力の何倍まで耐えられるかを示した数値です。たとえば最大荷重100kgで運用する台の場合、安全率3で考えると、300kgまで耐えられる設計にします。

安全率の目安は、機械や部品の使われ方や材質により、JISなどによって定められています。たとえば天井クレーンのワイヤーロープは3.35~5、くりかえしの激しい荷重に耐えなければならない機械の安全率は12が目安になっています。

丈夫な機械や部品がいいからと安全率を上げすぎてしまうと、コストが上がってしまいます。目安を参考に、適切な安全率での設計が必要です。

まとめ

強度とは機械や部品が耐えられる力を数字で示すもので、引っ張り力、圧縮力、せん断力の3種類があります。応力や剛性、安全率を計算して設計します。材料や製品の用途を考慮し、コストを無駄に上げず、かつ使用に耐える設計をしましょう。

キャリカレ☆タロット占術講座

【ご予約】ビカクシダ モンキーノース 'ハイシールド' 選抜個体 その他

しょう様専用

前の記事

今、世界中が求めるPCR検査装置「Ninja qPCR/Ninja LAMP」とにかく早く完成度の高い製品製造にはmeviy|ものづくりアイデア特集
トムブラウン サングラス

次の記事

TRISTARINSTITUTEBSD.ID RSS